節税対策で本屋とかやっている人

節税対策で本屋とかをやっている人がいる。

町になんでこんなところで店を開いているのだろうか、潰れないのだろうか、という店を見た事がないだろうか。

そうした店は節税対策でやっている場合が多い。

確実に赤字なので、他の本業の利益を帳消しにしてくれるので、プラスマイナスゼロで、税金を払う必要がなくなるのである。

ある意味で最高の節税対策かもしれません。

別に本屋とか仕入れがかなり面倒そうなものでなくてもいいのです。

例えば、趣味で模型をやっているなら、模型屋なんていいでしょう。

趣味と実益を兼ね備えたものになります。

実益は節税なので、儲けるというか節約ということになりますが、それでも儲けることができるならなんでもいいでしょう。

そうしたことをやれるほどの本業がある人が非常に羨ましいです。

本業が儲けていないと、そうしたことをやる意味がまったくありません。

本業が既に危うい私にとっては、どうしてもできそうな気がしません。