本屋店舗数の減少とネット販売の躍進

私は本屋さんが好きだ。

だがうちの近所では実は歩いていける範囲内で本屋さんがない。

ショッピングセンター内に入っているだけで商店街沿いなど独立した個人経営の書店がないのだ。

では私はどうやって普段入手しているのかというと、店舗がないのでネットで探している。

経営側としても店舗を出すということは土地代とそれに関わる維持費もかかるし、従業員も雇わなくてはならずコストがかかる。

その分ネットであればネットで販売するための環境を整えれば土地代は不要だし、維持費はサイトを更新するくらいで済む。

サイトの管理者は必要だろうが従来よりも従業員も抑えられ人件費も浮くだろう。

自動配信システムが作動し配送と支払いもスムーズに行える。

店舗経営よりもメリットは多いのかもしれない。

ただ、本屋さんでしか得られないものもある。

それは実際の本に触れられるということだ。

更に自分がひいきにしている作家さんのファンを発見できるかもしれない。

この瞬間は心の中でニヤリとする。

変質者に思われたくないので行動には起こさないが、つい嬉しくて話しかけたくなる。

また本屋さんは暖かい。

従業員の優しさもあるが、お勧めには作品を紹介する手書きのPOPがついていたりする。

自分の知らなかった作品を開拓するきっかけにもなる。

確かにネット販売は便利なのだが、事務的で寂しい。

興味の幅を広げるきっかけ作りは当然してくれない。

本屋の店舗数が減りつつあるのが残念だ。