古本屋を利用するのが一番効率的

私は本を読むのが好きではあるが、何も新刊を読みたいと言う訳ではない。

なので、古本屋さんで買って読んでいる。

書店で本はどれも高く、沢山の種類の本を読みたい私にとっては手痛い出費になる。

だけど、古本屋さんなら、手ごろな値段で買えるので、たくさん買うことができる。

私の場合、一回読んだら、二度と読むことは少ないので、一冊当たりの出費をなるべく抑えたい。

そんな私には古本屋さんがも最も向いているので、気に入っている。

中には、古本で買った物を売ることもできるので、更に出費そのものが減ってありがたい。

本と言う物は沢山の種類のものを読むことで、幅広い知識を得ることができ、いろんなジャンルの知識を得るのに向いている。

雑学と呼べるようなことを知っていると、会話を盛り上がることができるので、大変重宝している。

活字を目でたどっているだけで、その世界に入ったような感覚になり、とても楽しい雰囲気になる。

私にとって本と言うのは、人生の伴侶のようなものである。